funarium(ファンアリウム)の施設が充実しすぎて遊び尽くせない!

こんにちは。 ガタ(ushirogata_bkk)です。

今日は前々から気になっていたスクンビット・ソイ26にあるfunarium(ファンアリウム)に行ってきました。 事前情報では「施設がかなり充実していて小学校の子供も楽しめる」と書いてあったので「うちの子(3歳前)は大丈夫かな?」と心配していましたが、まあまあ楽しんでいたように思えます。

【随時更新】バンコクで子供と遊ぶときに使えるおすすめスポット9選

2017.09.30

 

 

funarium(ファンアリウム)の施設紹介


ある日の土曜日にファンアリウムに子供と2人でやってきました。 嫁さんが車で仕事に出かけてしまっていたので、子供と2人でバイクを運転してきました。 しかし駐車場にはバイク1台もが停まってない。 みんな車やタクシーでやってきていました。(涙)

 


エントランスに入り入場料を払います。 料金設定はざっくり3時間か終日の2つありました。 今まで遊びに連れて行ったパターンでは2時間くらいで飽きちゃうので3時間で入場。 この時はAISの割引が10%ありちょっとお得になりました。 チケットの代わりにバーコード入りのリストバンドをもらいこれで滞在時間や施設内の飲食代を管理します。

チケット種類 平日 週末・祝日
子供(身長105cm以下) 220B 220B / 3時間
280B / 終日
子供(105cm以上 13才まで) 350B 350B / 3時間
450B / 終日
子供(105cm以上 13才まで)
保護者なし
450B / 3時間
900B / 終日
大人 or 13歳以上の子供 130B

※大人も子供も靴下必須。 持ってきていない場合は70Bで購入します。 また飲食の持ち込みは禁止となっています。

 


ファンアリウムに入場して一番初めに飛び込んで来るのはこの大きなアスレチック。 他の施設と比べて大きさが半端ない。 4歳以上対象になっているらしく中は迷路のようになっています。

 


3歳以下のゾーンをスタッフに聞いたところ、奥に小さい子供用の遊び場がありました。 2歳くらいでも安心して遊ばせられます。 しかし、うちの子供は5分くらい暴れまくった後、ゲートを飛び出し元のアスレチックゾーンに戻って行ってしまった…

 


戻ってきた後はなんの事はないボールゾーンで遊んでる。 下から空気を噴射することによってボールを浮かす装置や

 


真空で(?)でボールを吸い上げる装置などがあり他のプレイランドとはちょっと違って面白かった。

 


小さい子にはちょっと躊躇してしまいそうな小学生くらいの子が楽しめるものが多い気がしました。

 


このアスレチックの一番のポイントは3階から降りるこの長いすべり台。 子供を抱えて一緒に滑り降りましたがめちゃめちゃスピードが出るのでびびりました。

 


また、アスレチックを抜けていくとサッカーとバスケットゴールがあるコートもあります。 うちの子はバスケが大好きなのでかなりここで遊んでました。

 


しばらくするとステージで音楽がなり始めて小さな子供達が集まってきました。 息子も音楽につられてステージに行き座ってましたが…

 


舞台に上げられました。 様子を見てると音楽に合わせて手を叩いてる。 さらにステージは盛り上がり最終的には…  キャッキャジャンプして楽しんでた。

 

 


アスレチック以外にも外で遊べたり

 


ボルタリングがあったりします。

 


もう少し大きくなると安全帯をつけてちょっと高度なアスレチックを楽しめます。

 


さらにはジップラインもあるので、色々と遊べるようになる小学生たちは楽しそうにしていました。

 


2階には50人くらい入れるアートルームがあり、切って貼って描いてと楽しめます。

 


また3部屋ほどパーティールームもあり子供達の誕生日会をここでやったりもできます。 ※要予約

 


子供と遊ぶのが疲れたら休憩ルームもあります。 ここファンアリウムは本当になんでも揃ってますね。

 


そしてファンアリウム内の飲食ゾーン。 施設内は子供用の離乳食や水以外持ち込み禁止のため、基本的にここで食事休憩をとることになります。 今回アイスモカを頼んだら90Bだったのでそこまで高くないかも。 子供用の食事を見たら150Bくらいだったのでまあ許せるかな〜と言った感じです。

ちなみにキャッシュでの支払いではなく、リストバンドのバーコードを読むシステムになっているので帰る際にまとめて清算します。。

 

まとめ

スクンビット・ソイ26のKビレッジ横という好立地なので昼食、夕食絡めて遊びに行けます。 うちの子は3歳前に遊びに行ったが「正直早すぎたかも」というのが印象。 アスレチックでは上に登る段差に足が届かず一人では遊びきれていなかったし、ジップラインやボルタリングも無理。 せっかくお金を払ってるのに遊び尽くせなかったのが悲しい。

でも、小学生以上の子供にはめっちゃおすすめですよ!(身長105cm以上から料金が上がるというのも納得)

 

施設詳細

ファンアリウム(funarium)

場所:こちら
時間:9:00〜18:00 月〜木 / 9:00〜19:00 金〜日
料金:上記に記載
電話:0-2655-6555
HP:https://www.funarium.co.th/

 

2018年6月2日

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします。

記事をお読みいただきありがとうございました。
シェアをしていただけるとモチベーションが少し上がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください