意外と知らない? 大人も子供も楽しめるバンプーリゾートはカモメたちの楽園だった。

昔からある観光スポットだがあまり知られていないサムットプラカーン県にあるバンプーリゾート。 ここはバンコクから1時間くらいの距離にあるカモメの楽園です。 以前はバンコク発のオプショナルツアーでも販売されていた場所だが、いつしかツアーはなくなり日本人の記憶からは少しずつなくなってしまった。

今回はふっと思い出し家族に話したところ「息子も行きたい」ということで車を飛ばして遊びに行ってきました。

【随時更新】バンコクで子供と遊ぶときに使えるおすすめスポット9選

2017.09.30

 

 

バンプーリゾート(Bang Pu Resort)


バンコクから車で1時間くらいのところにあるバンプーリゾート。 正式名はバンプー・リクリエーション・センターという施設でこのゲートの先にカモメの集まる桟橋があります。

 


ゲートを抜けるといきなりキター! 海に突き出した桟橋の周りを飛ぶカモメの大群。

 


ここバンプーリゾートでは2月〜3月にかけてカモメがやってくるとウェブには書いてあったが、この時は11月に行っているので多分1年を通してみられるのだろう。

 


桟橋に遊びにきていたタイ人を見てみるとカモメに餌をやって楽しんでる!

 


って、ことでカモメの餌「ゲソの揚げ物」を20Bで購入。 普通にうまそうだから困るんだなぁ〜

 


ゲソの唐揚げを1つ摘んで手を差し伸べてみると… こえええええ。  回遊しているカモメがめっちゃ餌を睨みつけてビュンビュン飛んでくる。 とりあえず手渡しをやめて餌をポイっと空中に投げるとパクっと空中キャッチ!

 


それを見た息子もキャッキャ言いながら餌を空中に投げていたが、サイドスローの素早い投げ方だったので水辺に浮かんでるカモメの餌になっていた。

 


本当に器用なことに餌を放り投げると見事に空中でキャッチしていくのが面白い。

 


気を取り直して直接カモメに餌をやってみることにした。 ゴクリ…

 


するとバサバサとやって来てパクリと食べていく。 お怖いのと面白さが混ざり合って何度も何度も餌をあげた。 結果、餌代がめっちゃかかって泣きそう。

ガタ

それにしても目が必死すぎwww ワロタwww 

 


そんなカモメがたくさん集まるバンプーリゾートはバンコクからも近く、ムアンボラーンからもすぐなので一緒に遊びに来てもいいかも。 週末の夕方の過ごし方の1つとしておすすめです。

まとめ

今までに2回来ていて満潮時と干潮時の両方に当たったが、干潮時はカモメの足に泥がついていることがあり、ちょいちょい服や頭にかかります。 多少汚れてもいい格好で行くのがベストですね。

また桟橋の奥はレストランになっていてシーフード料理などが食べられます。

 

施設情報

バンプーリゾート(Bang Pu Resort)

場所:こちら
時間:10:00〜20:00 無休
電話:0-2323-9911
HP:http://bangpurecreation.com/

 

2017年11月25日

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします。

記事をお読みいただきありがとうございました。
シェアをしていただけるとモチベーションが少し上がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.