夜景より○○を見よ! バンコクのおすすめルーフトップバー 厳選11選

バンコクへ旅行に来たらルーフトップバーに行く人はたくさんいますよね。 建築法のゆる〜いタイでは高層階にたくさんのルーフトップバーができ、すでにタイの定番観光スポットとなっています。 日本にもルーフトップバー(?)がありますが…… 僕が思い当たるのはビアガーデンぐらいでしょうか。

また、タイの中でもルーフトップバーを思う存分楽しめるのはバンコクならではと言えるでしょう。 夜景を眼下に見下ろせるのは都会だけですもんね。 そんな人気のルーフトップバーですが「バンコク ルーフトップバー」と検索するとたくさんの紹介記事が出てきます。しかし僕から言わせるとちょっと惜しいんだよな〜っとずっと思っていました。

じゃあ何が惜しいの? 在タイ10年以上で何度も家族や友人を連れて来ている僕がちょっと違ったオススメの楽しみ方を紹介したいと思います。

 

ルーフトップバー 行くべきタイミングはオープンと同時に

ルーフトップバーと言えば夕食を済ませた後、夜景を眺めに行くものと思っていませんか? いやいやいや、それはもったいない。結論から言うと「バンコクのルーフトップバーはオープンと同時に行くべし」です。

その理由を3つ紹介します。

理由1:貸切感が半端ない!

ルーフトップバーと言えばいつも混んでいるイメージですよね。 しかし、オープンと同時に(だいたい17時)に行けばお客さんも少なく貸し切り感が半端ないです。 そのため、いい席を確保でき、ゆったりと景色を楽しむことができます。 さらに注文をしたらすぐに持ってきてくれるのも嬉しいです。

22時ごろに行くとすでに多くの観光客で溢れ、景色も見にくいし、席が埋まって立ち飲みになるし、注文したものが来るのが遅い……など少し満足度が下がります。

 

理由2:プロモーションが受けられる!

まだ人の少ない時間に行くと「Buy1 Get1 Free」などのハッピーアワープロモーションをやっているバーもあり、少しお得感を味わえます。 料金が少し高めのルーフトップバーでは嬉しいプロモーションです。

 

理由3:夕景から夜景まで楽しめる!

実はこの3つ目の理由が一番お勧めしたいことです。 バンコクの夕景は本当に綺麗で、一番の狙いは夕立ちの後。 雨季はちょっと敬遠しがちですが空中の埃が洗い流され空気が澄み、空がトキ色に変わるのを楽しめます。 沈む夕日を眺め、遠くの空に沈んだ後はバンコクの夜景を楽しむ。 1度で2度楽しめるのが最大の魅力です。

 

3つの理由から「ルーフトップバーはオープンと同時に行くべき!」と伝えたいです。

 

バンコク オススメルーフトップバー11選

ひとくちにルーフトップバーと言っても、ゴージャスからカジュアル、有名どころから穴場までと幅広く分かれています。 今回は旅行者が比較的に行きやすく、階層も20階以上と「ここのどこに行っても間違いない!」と言う基準で選びました。 ただただ数を集めたのではなく全てあたりのオススメのルーフトップバーです。

旅行の思い出作りに一度は行ってみるといいですよ。

Above Eleven(アバーブイレブン)


店の作りがサンセットを望める西側を向いているため、夕日を堪能したい人にオススメ。 夜は夜で、毎日変わるDJは時間が遅くなればなるほど盛り上がるので1軒目としても2軒目としても利用できる。 フードはちょっと変わったペルー料理の「ニッケイ」が頼める。 夜遊びずきにはオススメのルーフトップバーだ。

場所 スクンビット・ソイ11 フレザースイートスクンビット 33階(地図
BTS ナナ駅
時間 18:00 – 02:00
電話 0-2038-5111
URL https://aboveeleven.com
ドレスコード 特になし

 

CRU Rooftop Champagne Bar (クリュ ループトップシャンパンバー)


人気店レッドスカイからエレベーターに乗りさらに上がったところにあるルーフトップバー。 街の中心地から360度望める景色はラグジュアリー感が半端ない。 お酒の値段も少し高くなっているので、新婚旅行や結婚記念日などの特別な日に使ってみるのが良いだろう。

場所 センタラグランデ 59階(地図
BTS チットロム駅
時間 17:00 – 01:00
電話 0-2100-6255
URL http://champagnecru.com
ドレスコード バブリースムーズ

 

Octave Rooftop Lounge & Bar(オクターブルーフトップラウンジ&バー)


日本人在住者の多いトンローエリアにあるルーフトップバーで在タイの日本人に連れられてやってくる旅行者が多い印象。 日が沈む前だとクロントゥーイ港やBTS沿線上のビル群を見渡せる。 値段も比較的他のルーフトップバーに比べて安く気軽に楽しみにたい人にオススメ。

場所 バンコクマリオットホテルスクンビット 48階(地図
BTS トンロー駅
時間 17:00 – 02:00
電話 0-2797-0000
URL http://www.marriott.com
ドレスコード 特になし

 

Park Society(パーク ソサエティ)


ルンピニ公園越しにバンコク中心部のビル群の景色を楽しむことができる。 日が沈んでしまってからだと目の前のルンピニ公園が真っ暗になってしまうのでやはり夕景がオススメ。 眼下を走るラマ4世通りの渋滞の帯はバンコクならの景色だ。

場所 ソフィテルソーバンコク 29階(地図
MRT ルンピニ駅
時間 18:00 – 02:00
電話 0-2624-0000
URL http://www.so-sofitel-bangkok.com
ドレスコード スマートカジュアル

 

Red Sky Bar(レッドスカイバー)


バンコクの中心地に位置するスカイバー。 360度の景色が楽しめるといえば楽しめるのだが通路感が強くどこか店の端の方で飲んでいるような気持ちになってしまうのが少し残念なところ。 ただ立地がとても良いためセントラルワールドや伊勢丹でショッピングを楽しんだあと気軽に寄れるのは嬉しい。

場所 センタラグランデ 55階(地図
BTS チットロム駅
時間 16:00 – 01:00
電話 0-2100-6225
URL https://www.centarahotelsresorts.com/redsky/
ドレスコード スマートカジュアル

 

Sky Bar(スカイバー)


リバーサイドにある数少ないルーフトップバーの1つ。 ぜひ川沿いの美しい夕景を楽しんでいただきたい。 人気店の宿命かオープンと同時に観光客が来店することと席が基本用意されていないので立ち飲み必須。 ハリウッド映画「ハングオーバー2」の舞台になったことでも有名。 バンコクのルーフトップバーを語る上では必ず抑えておきたい1店だ。

場所 レブア 63階(地図
BTS サパーンタクシン駅
時間 18:00 – 01:00
電話 0-2624-9999
URL http://www.lebua.com/sky-bar
ドレスコード スマートカジュアル NG:運動着やスポーツのユニフォーム、破れた洋服など男性の短パンや袖なしのTシャツ。靴必須。

 

Scarlett Wine Bar(スカーレットワインバー)


個人的に1番好きなバンコクのスカイバー。 ルーフトップバーというカテゴリーにした場合、バルコニー付きの室内のワインバーなので少し気になるところだが、タパスをつまみながら飲め、チャオプラヤー川の向こうへと沈む夕日を見れば納得すること間違いないだろう。 雨季の時期でも天候を気にせずに来れるのもオススメの1つ。 ちなみに記事のトップ画像に使っている写真もここからの景色を撮ったものだ。

場所 プルマンホテルバンコクG 37階(地図
BTS チョンノンシー駅
時間 18:00 – 01:00
電話 0-2352-4000
URL http://www.pullmanbangkokhotelg.com
ドレスコード スマートカジュアル

 

The Speakeasy Rooftop Bar (ザ・スピークイージー ルーフトップバー)


バンコクの隠れ家的ルーフトップバー。 ランスアン通りにあるということもあり少し落ち着いた大人のルーフトップバーという感じだ。 サイアムエリアの夕景を楽しめバンコクのビル群が目の前に広がる。 ゆったりとした雰囲気で連れとの会話を楽しむのにオススメしたい1店だ。

場所 ホテルミューズバンコクランスアン 25階(地図
BTS チットロム駅
時間 17:30 – 00:00
電話 0-2630-4000
URL http://hotelmusebangkok.com
ドレスコード スマートカジュアル

 

Three Sixty(スリーシックスティー)


今回紹介する中で唯一チャオプラヤー川の対岸に位置するルーフトップバー。 屋内からでも景色を楽しめるので雨季の時期に重宝すること間違いなしだろう。 チャオプラヤーディナークルーズの船を眺めながらまったり過ごすのがオススメ。

場所 ミレニアムヒルトンバンコク 32階(地図
BTS サパーンタクシン駅
時間 17:00 – 01:00
電話 0-2442-2000
URL http://www3.hilton.com
ドレスコード スマートカジュアル

 

Vertigo and Moon Bar(ヴァーティゴ&ムーンバー)


目眩という意味を持つヴァーティゴ。 この絶景を見たら納得できること間違いなし。 こちらもスカイバーと同様に定番の人気店となるので混雑が予想されるが必ず抑えておきたい1つ。 何度来ても少し大人な背伸びした気持ちになる不思議なルーフトップバーだ。 タイ国政府観光庁の「こんなタイ、知らなかった。」でも取り上げられている。

場所 バンヤンツリー 61階(地図
MRT ルンピニ駅
時間 17:00 – 01:00
電話 0-2679-1200
URL https://www.banyantree.com
ドレスコード スマートカジュアル

 

Zoom Sky Bar(ズームスカイバー)


こちらもバンコクの隠ればルーフトップバーの1つ。 360度のパノラマが楽しめさらにシーロムエリアに比較的近いにも関わらず他のルーフトップバーに比べて旅行者は少なめ。 コスパも良くタイ人も良くやってくるのが印象的。 ゆっくりと開放感ある景色を楽しみみたい人にオススメの1軒だ。

場所 アナンタラバンコクサトーン 38階(地図
MRT チョンノンシー駅
時間 17:30 – 01:00
電話 0-2210-9000
URL https://bangkok-sathorn.anantara.com
ドレスコード スマートカジュアル

 

まとめ

今回はバンコクに数多くあるルーフトップバーの中でも観光客がバンコクの夕景を楽しめるということを基準に13店ピックアップしてみた。 喧騒とノスタルジーが渦めくバンコクを高層階から見下ろし、また違った一面を見てみませんか?

もう少し変わったところが知りたいという方は友人のナオヤさんが別の記事をまとめていたので参考にしてみてください。

スクンビットの穴場ルーフトップバー6選!
バンコクの新たなるルーフトップバーの聖地「プロンポン」で、今行くべき最旬スカイバー5選!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします。

記事をお読みいただきありがとうございました。
シェアをしていただけるとモチベーションが少し上がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください