マンダレーで生きる人々と旅行の終わり 最終日

4日間に及ぶ初めてのミャンマー旅行も本日が最終日。 マンダレーの街中を通って空港へ向かう途中に見かけた人々や街の写真を撮り納め、バンコクへと向かいます。

ミャンマービールとバガン遺跡群の夕景 1日目

2013.11.20

バガン観光サンライズからサンセットまで 2日目

2013.11.21

踊るミャンマーの鉄道とマンダレーヒルで黄金に触れる 3日目

2013.11.28

 

マンダレー市内
空港行きのシャトルバスに乗るべくゲストハウスからマンダレー鉄道駅の近くまで歩いて向かいます。

 

アイスクリーム屋
ホテルの横にある「おいしいと有名」なアイスクリーム屋の前を通りかかったところ、何やらでっかい氷を叩いてクラッシュアイスを作っていた。 この氷が何に使われているのかは考えないようにして駅へと急ぐ…

 

マンダレーセントラル
ここの交差点を左に曲がってと… オレンジ色の建物のロゴどこかで見たことがあるな…

 

セントラルデパート1
これはあかん! タイのセントラルデパートをフューチャーしすぎ。 「もしや支店?」とは一瞬たりとも思わなかった。

 

宝くじ?
また男性たちが掲示板の前でなにやらワイワイやってます。 いったい何が書かれているのだろう。 最後までわからずじまい。

 

マンダレー交差点
タイと違い自転車も移動手段として一般的に使われています。 スーパーカブが多く走っていたのが印象的でした。

 

マンダレーの花屋
街中で花を売る女性。 笑顔が素敵で友達とのおしゃべりを楽しんでいた。

 

マンダレーの人々1
ミャンマーとインドは陸続きの為、インド系の人々も多くみられる。 さらに西へ向かうとその傾向は強くなるだろう。

 

マンダレーの通勤ラッシュ
朝の通勤の様子。 渋滞はないがそれなりに交通量は多い。近い将来、国の経済がもっと伸びれば、それに伴い朝の様子も変わってしまうのだろうか。

 

空港シャトルバス
マンダレー駅近くから出ているエアアジアの無料シャトルバス。 エアアジアを利用する場合、空港⇔市内の送迎を利用することができる。 市内と空港は約1時間ほど離れているのでこういうサービスがあるのは大変ありがたい。

 

ミャンマーの高速道路
空港へ行く途中にのる高速道路。 道幅は広いが利用する車はまだ少ない。

 

マンダレー空港
4日間の旅行は長いようでやっぱり短い。 今回はバガンが目的だったので他の観光地へ行くことができなかったが次回はマンダレー周辺やインレー湖へも行ってみたい。 国が開かれ一気に広がるヤンゴンも今のうちに見ておきたいし、マンダレーよりさらに北へ行きミャンマーの中の中国も見てみたい。

調べれば調べるほど興味深い国ミャンマー。 また近いうちに来るぜ!

 

 

2013年7月23日

保存

保存

この記事が気に入ったら
いいね!

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
シェアをしていただけるとモチベーションが上がります!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    ガタ

    タイ・バンコク在住の36歳。 学生時代から東南アジアを放浪して、2006年からバンコクに移住。ごく普通のおっさんが家事と子育てをそこそこしつつタイの生活を楽しむために日々試行錯誤しています。 趣味は旅行と写真。タイポートFCのファンです。 FBやTWなどで気軽に絡んでください。