「タイ人が一生に一度は登りたい山」プーカドゥンへ行ってきた。

年末ヒマラヤトレッキングへ行ってから少しだけ「山熱」が出てきた。 タイでも登山ができるとこを探してみたものの飽きれるほどない。 タイ最高峰のドイインタノン(2565m)は山頂まで車で上がれるし、「タイ トレッキング」と検索しても、だいたい「象に乗っての山歩き(45分)」などばかり。 本格的に調べてみたところ引っかかったのが今回の「プーカドゥン(プー・クラドゥン)」。 山頂までは1316mと大した標高ではないが、アクセス方法は「歩いて登るのみ」という事に興味が湧いた。

ただ、行こうと思ってもガイドブックの類には一切情報が載っていない。 もし、行く場合はタイ人と一緒に行くかバンコクの情報誌「DACO」の280号を購入するのがベスト。

DACO(ダコ) 第280号 タイ人心の山「プー・クラドゥン」遊山

 


大きな地図で見る
プーカドゥンはタイ東北部のルーイ県のプーカドゥン国立公園内にある。

 

ルーイ県
タイの3連休に合わせて行こうと思っていたプーカドゥン。バンコクの北ターミナルからバスが出ているが既に予約で埋まっていた。 ん~と悩んだ挙句車でルーイ県まで運転していくことになった。 バンコクを深夜0時に出発して徹夜で運転すること9時間半。コンケーン県を抜けてルーイ県に到着です。

 

プー・クラドゥン
すっかり日も登りようやくプーカドゥンに到着。

 

プー・クラドゥン国立公園
さらっと記念写真を撮ってさらに進みます。

 

プー・クラドゥン
このゲートを超えると国立公園の敷地です。 奥に見える山がプーカドゥン。

 

ビジターセンター
車を止めてビジターセンターで国立公園の入場料(タイ人40B・外国人400B)を払います。

 

ビジターセンター
プーカドゥンはギアナ高地のように山の回りがすべて崖になっている。 真上から見るとハート型になっていて可愛らしいが、そうも言ってられない行程がまっているよう。写真の右、山の麓がビジターセンターでここから山頂まで、5.5キロ、高低差950mを進まなくてはならない。

 

荷物預かり
ビジターセンターを出ると何やら人が集まってる。 近くに寄ってみると……

 

山岳ポーター
ポーターが待機していました。 超めんどくさがり、歩くのすらめんどくさいタイ人の為のポーターサービス。1キロ15Bで山頂まで運んでくれる。(ちなみにポーター4人がかりで人も運んでくれます。2000B)

 

プー・クラドゥン MAP
頂上までの地図ルートと山頂の地図。

 

プー・クラドゥン入口
それでは山登りスタート。 入り口には「標高1288m、距離5.5km、3~5時間ほどかかります」と書いてある。

 

プー・クラドゥン山道
登りはじめから一気に駆け上るが道幅が広く足場も整備されているので比較的すんなりと進む。ただ、竹の枯葉が多いので下りはスリップに気を付ける必要がある。

 

SAM HAEK
山頂までの間は食事を取れる休憩所が5カ所。トイレは2カ所(汚い)ある。 多くのトレッカーは「SAM HAEK」か「SAM KOR SARNG」で昼食を取るのが一般的。

 

HAM HEAK
SAM HAEKは参道入口から250mほど高くなっているので、そこそこ良い景色が広がる。

 

山道の休憩場
ランチを取る休憩所は簡易食堂のようなところ。 タイ料理名なら一通り揃っている。 あと、甘い飲み物も多いので疲れた時には嬉しい。

 

プー・クラドゥン山道
目の前にはリア充カップル。そうプーカドゥンは恋人同士で登るとより愛を深められるという話があります。でも、一緒に登ったカップルは別れるという話もある。 どっちなんだ……

 

SAM KON DONE
2つめの大きな休憩所「SAM KON DONE」に到着。 晴れの日はなかなかの展望。 ここから最後のひと踏ん張り。

 

プー・クラドゥン山道
さらに先に進むと……「象に注意」の看板。 国立公園ってのもあって野生の象が生息しています。 そして、結構狂暴です。

 

プー・クラドゥン山頂
最後250mを一気に駆け上り山頂(1288m)に到着です。 一緒に登った嫁さんは感動のあまり泣きそうになっていたがヒマラヤに比べると全然余裕でした。 特に感動……なしですね。
ちなみに途中から嫁さんのバッグも持たされていたのでバッグパック2つ持ちで登りました。。。

 

プー・クラドゥン山頂
山頂到着後、すぐに宿泊施設かと思わせておいて約3km歩きます。 麓からここまで5.5km。さらに3km。

 

プークラドゥン山頂
山を登っているときは足元を見て登っていたので全然気が付かなかったけど、ほとんどのタイ人が荷物をポーターに預けていた!

 

キャンプ場
今日泊まるホテ… テントです。 宿泊施設は2パターン。大人数で泊まれるコテージか3人用のテントのみ。

宿の事前予約は必須。 下記のURLから申し込みができます。
http://www.dnp.go.th/index_eng.asp

 

ビジターセンター
隣接しているビジターセンターで予約をしておいたテント(1泊450B)の支払いをして、寝袋、マット、枕を借ります。 まだ日の高い中だったけど徹夜で運転して、そのまま山登りだったので気が付いたら爆睡してました。

夜8時くらいに起きて夕食を取ってすぐに就寝。明日は崖の上から朝日を見るべく5時起床です。

 

2日目 自転車で観光スポットを回る。

Nok An Cliff
早朝6時に起きてテントの張ってあるビジターセンターからサンライズを見る為Nok An Cliffに向かう。 まだ野生の象が出る可能性があるので集団でぞろぞろと歩いて行かないと危ないよう。 約2キロほど歩くと崖に到着。

 

Nok An Cliff
この日はあいにくの曇り空で綺麗なサンライズを見ることができず雰囲気だけ味わいました。

 

プークラドゥン テント
ガッカリしながらビジターセンターに帰ると気持ちの良いさわやかな感じに包まれていました。 空気が澄んでいてすがすがしい。 ついついラジオ体操しようかなっと思うほど。

 

Tham Yai Waterfall
今日はアクティブに動く1日。 ビジターセンターで自転車を借りて観光ポイントに出発。 1つ目の観光ポイントは滝。  行く途中で見つけた看板にちょっとビビる。 午後3時以降は野生の象が水を飲みにやってくるようだ。

 

Tham Yai Waterfall
滝に到着して完全に失敗したと思った。。。 季節は完全に乾季真っ只中の2月。 水がない!!!! 滝しょっぼ!!!! 11月頃の雨期明けがベストシーズンかも知れない。

 

Pen Pob Waterfall
でも逆に水が少ない分、川を歩けてしまうという楽しみもあります。 ここは岩肌を水が流れていくのでずっと歩いて下って行くことができる。

 

Pen Pob Mai Waterfall
グググっと岩が突き出したPen Pob Mai Waterfallに到着。 岩の先端に立つとちょっとした恐怖体験ができるのがここの楽しみです。

 

Anodard Pond
いったん自転車の留めてある場所に戻り、2つ目の観光スポットAnodard Pondへ行くも…… 予想どおり水がない!!! なので崖の方へ向けて自転車を漕いで行く。 途中の道はサバンナのような平原が続いてどこまでもまっすぐな1本道だけが伸びていた。

 

Naoi Cliff
漕ぐこと10分ほどでNaoi Cliffに到着。 ここからはボリビアのデスロードのEasyモードのような道が続くのでまずは昼休憩。 多くの旅行者はビジターセンターで弁当を買ってきて食べていたが、私たちはそんなこと知らなかったので普通に食堂屋台で食べる。 これも失敗。

 

プークラドゥンの地図
滝は上部の入り組んでいるところ。 今いるところは下の道の右から3つ目の点。 このあと目指すは最大の見どころLom Sak Cliff

 

DSC_8680
すでにビジターセンターから10キロほど離れた地点にいる。

 

Lom Sak Cliff
Nanoi Cliffからデスロードと砂浜のような道を進むこと約6キロで3つ目の観光スポットであり、プークラドゥンの最大の名所Lom Sak Cliffに到着です!

 

Lom Sak Cliff
「あ、この石見たことある」って感じですね。 ホントにこの石を見る為に夜通しで9時間運転して、その後山を3時間半かけて登って、自転車で1時間かけてきたことを思うと凄い腹が立ちます。 もう、ムカついたので記念写真なんかもしていまいました(もうこないだろうから)

 

Lom Sak Cliff
あの憎き石からの眺めはこんな感じ。 少しガスがかかっていますがそれなりに綺麗に見えたりします。

 

Lom Sak Cliff
さらにこの石、憎きことに記念撮影をしようとすると手前の松の枝がちょうど顔を隠します。 その為、綺麗に写真撮影をするにはコスプレ会場顔負けのほふく前進スタイルの撮影が必須になります。

 

Daeng Cliff
憎き石のあるこのLom Sak Cliffはちょうどプークラドゥンの西側に位置するのでサンセットポイントになっています。 このまま夕日を待とうと思ったがあまり天気も良くなく、さらにデスロードと砂浜ロードをヘッドライトの電気のみで自転車を運転するのは大変そうなので早々に切り上げ途中のDeang Cliffで見ることに。
ここもギリギリサンセットポイントになっているので夕日を楽しむことができる。

 

プークラドゥン
それぞれ夕日を楽しむ。

 

Daeng Cliff
ヨガをしながら夕日を楽しむ人もいました。 思い思いの楽しみ方ができる山。 それがタイ人心の山「プーカドゥン」なのです。

 

もし行ってみたいと思う方がいればバンコクのフリーペーパーダコを参考にされるのがベスト。 また3連休以上を使って友人や家族、少なくとも運転できる人が2人以上いるのが必須。 ただ下山の日に「筋肉痛」が来る可能性が高く、その結果、バンコクまで一人で11時間半運転していかなければならない場合があります。(私のように) 旅行のパートナー選びは慎重に……合唱!

 

2014年2月14日~16日

保存

この記事が気に入ったら
いいね!

最後までお読みいただきありがとうございました。
シェアしていただけるとモチベーションがあがります。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    ガタ

    タイ・バンコク在住の36歳。 学生時代から東南アジアを放浪して、2006年からバンコクに移住。ごく普通のおっさんが家事と子育てをそこそこしつつタイの生活を楽しむために日々試行錯誤しています。 趣味は旅行と写真。タイポートFCのファンです。 FBやTWなどで気軽に絡んでください。