闘鶏の本場! タイの軍鶏(シャモ)たちの死闘がとんでもなく凄かった!

鶏と鶏が命を懸けて戦う闘鶏。今となっては全世界中で行われている競技だが、その歴史はここタイから始まったと言ってもよい。 軍鶏(シャモ)の名は、当時のタイの旧名・シャムに由来する。

ネットで調べてみるとスワンナプーム空港の近くに本格的な闘鶏スタジアム「Bangkok Cockpit」があるという事でバイクかっ飛ばして行ってきました。

 

スワンナプーム空港
バンコクからのアクセスはペップリー通り東に進み、パタナカーン、スクンビットSoi77(ソイ・オンヌット)、スワンナプーム空港を抜けて国道3001号線ひたすら東へ走ります。 しばらく進むと高速道路の高架が見えるのでそのまま通過。

 

セブンイレブン
さらにそのまま進むと交差点にセブンイレブンとロータス、ビックCが続いているとこに出るのでそこが闘鶏場「バンコクコックピット」の入り口です。

 


大きな地図で見る
敷地入口の看板はタイ語表記しかないので注意が必要。

 

Bangkok cokpit
先へ進むと駐車場があり奥の建物が闘鶏場。 駐車場のゲートに「Bangkok Cockpit」と書かれてます。

 

DSC_1784
入口はこんな感じ。 入場料50Bに番号の書かれたチケットと顔写真を撮ると入場できる。

 

バンコクコックピット
この番号で入退場を管理、また賭けをする場合の番号になります。

 

闘鶏場
入ってすぐのメインスタジアム前では軍鶏用のサプリから薬など軍鶏用品が売られてました。

 

軍鶏用品
用途不明の薬…… ドーピングとかするのでしょうか?

 

闘鶏場
そしてメイン会場へつきました。 試合は1ラウンド22分で行われます。

コロシアムは賞金が20万から100万Bを超える大きな試合で、プロの闘鶏家が集まって勝負する。小さな方は2000から3万B程度の小さい勝負が繰り広げられ、趣味で軍鶏を飼っている人々が対戦相手を自分たちで決めて勝負をしている。

タイの闘鶏は、日本では食用として喜ばれる軍鶏を使う。タイ(サイアム)から来たのでシャモと呼ばれ「軍鶏」は当て字だそうだ。タイの闘鶏家たちは、真剣勝負のスポーツとしているが、観客の一部は勝敗に金を賭けギャンブルをしている。

係員に聞いたところ「あくまで会場を貸しているだけで、賭け事は違法」だ。
DACOより引用

 

賭博
「賭け事は違法だ」と書いてあるがそこらへんは知ったこっちゃない。 ほとんどの観客が1000B握りしめて試合を待つ。

 

軍鶏(シャモ)
選手(鶏)入場。 興奮で体温が上がってしまい戦えなくなってしまう為、試合前は入念に体を冷やします。

 

バンコクコックピット
その作業は試合開始ギリギリまで続く。

 

バンコクコックピット
そして、試合開始! おもいっきり賭けが行われていて試合の最中でも参加者が増えていきます。 入り口でもらったメモに賭け参加者の番号と金額が書かれていました。
※賭け事は違法行為です

 

闘鶏 シャモ
ジャンピング爪がさく裂! でも、早すぎて写真が撮れない。。。 そんな時は明るいレンズかシャッタースピードを上げるしかなさそうです。

 

軍鶏 シャモ
鶏の毛が抜けて禿げあがっているところが主に攻撃を受けるところ。 頭から首、背中にかけてが攻撃範囲になります。

 

軍鶏 シャモ
攻撃方法は大きく分けて2つ。 1つはくちばしを使い相手の鶏冠に噛みつく&突っつく。

 

軍鶏 シャモ
2つ目はジャンピング爪。 くちばし&ジャンピング爪のコンビネーションが相手の肉を裂く。 コンビネーションが決まると会場からは「チョックシ!(ぶっ飛ばせ!)」と歓声があがり沸き立つ!

 

Bangkok cockpit
そうこうしているうちに22分経過。 この試合は決着がつきませんでした。(集金タイム)

 

小さなコロシアム
メイン会場の裏手にも小さな会場がありこちらでも同じように試合が行われていました。

 

軍鶏 シャモ
カゴに入れられて出番を待つ軍鶏。 その時まで精神を集中しているようにも感じられた。

 

軍鶏 シャモ
メイン会場の外では小さな会場がいくつもあり、それぞれの試合が行われている。 近くで観戦をして分かったが試合の内容はかなり生々しく皮膚は腫れ、鮮血が飛び散ったりもしていた。

 

軍鶏 シャモ
その為、試合後は体を冷やし、清潔にして止血などが行われる。

 

軍鶏 止血
糸で傷口を縫い止血を行った後、傷口から血を吸いだしていた。 鶏も慣れているのか動かずじっとしている。

 

軍鶏 治療中
こちらは痛み止めの注射を打っていた。

 

Bangkok Cockpit
試合中の華やかな世界と舞台裏の様子を見ることができる闘鶏場「Bangkok Cockpit」。 家族連れで行くようなところではないけれど、男の人がひとりで見に行くには良いかもしれないです。 もし機会があればまた行ってみたい場所かな。

 

詳細

Bangkok Cockpit สนามกีฬาไก่ชนเทิดไทย (サナーム・ギラー・ガイ・チョン・トゥート・タイ)
料金 50B  駐車料金 車20B バイク10B
試合日 第1、3、5の日曜の10時半~23時ごろ

保存

保存

保存

この記事が気に入ったら
いいね!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
シェアをしていただけるとモチベーションが上がります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ガタ

タイ・バンコク在住の36歳。 学生時代から東南アジアを放浪して、2006年からバンコクに移住。ごく普通のおっさんが家事と子育てをそこそこしつつタイの生活を楽しむために日々試行錯誤しています。
趣味は旅行と写真。タイポートFCのファンです。
FBやTWなどで気軽に絡んでください。