バンコクで子供のパスポートを作る(日本タイハーフ編)

子供が生まれしばらくして日本へ一時帰国することになった。 そうなると航空券の他に息子のパスポートが必要となる。 日本とタイどちらで作ろうか? もしくは日本とタイ両方のパスポートを作ろうかと色々と迷った結果、今回はタイのパスポートだけ作ることにした。

折角なので日本人とタイ人の子供のパスポート取得方法をまとめてみました。

日本とタイのハーフのパスポートを作る 日本パスポート編

まずは日本のパスポートから。

      • 一般旅券発給申請書(5年用) : 1部
        ※20歳未満の未成年者は、一律5年パスポートとなります。
      • 戸籍抄本(又は謄本) : 1部
        ※申請前6ヶ月以内に取得したもの(写しは不可)
        在外公館で申請される場合、住民票は不要です。
      • 写真 : 2枚
        ※縦4.5cm、横3.5cmで、申請前6ヶ月以内に撮影したもの。
      • 非ヘボン式ローマ字氏名表記等申出書 : 1部
      • 氏名の長音表記申出書 : 1部
      • タイ国旅券(写しで可) または、タイ国外務省英文認証済出生登録証
      • 申請料  : 1,680バーツ(12歳未満:5年用のみ)

上記の書類が必要になります。 (詳しくは在タイ日本大使館のウェブサイトよりご確認ください。)
交付までは土日祝日を除く3日後 (所要日数4日間 )となります。

緊急帰国の場合

パスポート取得とは少し違いますが、パスポートを製作する暇がないなど諸事情から、緊急で日本に帰国するための「渡航書」(Travel Document)を申請することも可能です。
※原則として在タイ日本大使館に出生届けを提出した人に限られる。

      • 渡航書発行申請書 : 1部
      • 子供の写真 : 2枚
        ※縦4.5cm、横3.5cmで、申請前6ヶ月以内に撮影したもの。
      • 航空券又は航空券予約確認書(保護者名義のもので可)
      • 法定代理人(父母)の日本国旅券(日本国籍を確認できる書面)
      • 申請料  : 740バーツ

緊急で日本に帰国する方になるので注意が必要です。 余裕のあるときにパスポートを作っておくことをお勧めします。

日本とタイのハーフのパスポートを作る タイパスポート編

      • 出生証明 : 1部(写しは不可)
      • 母親のパスポート もしくは IDカード : 1部
      • 申請料  : 1,000バーツ (5年用のみ)

上記の書類が必要となります。

 

実際にパスポートを作りに行ってきた!

家の近くでタイのパスポートを作れる場所を探してみるとシーナカリン通りのタンヤパークというとこに旅券センターがあるみたい。 車を運転すること10分くらいで到着。

thaipassport1
入り口はこんな感じになっています。 申請時間は8時半〜15時半。
申請用紙をもらい記入した後は子供の身長を測り、写真撮影をし、指紋登録をしておしまい。

何やらパスポートの受け取りは出頭ではなく郵送で家まで送ってくれるよう。 普通郵便:20BもしくはEMS:60Bどちらかを選んで料金を支払います。

 

thaipassport3
3日ほど経つと郵便が届きました。 ここはEMSにすることをオススメします。

 

thaipassport4
中身を確認して無事終了。 意外にあっけなくできました。

 

まとめ

日本人とタイ人とのハーフの子供がいる場合、日本とタイのパスポート両方とも取得される方がいると思いますが、タイのパスポートだけでもビザなしで行けるところが多くあまり不自由ないかな〜と思います。
もし、2つとも取得したいという方はタイのパスポートを先に作ってから日本のパスポートを作ったほうが申請が楽そうです。

 

保存

保存

この記事が気に入ったら
いいね!

最後までお読みいただきありがとうございました。
シェアしていただけるとモチベーションがあがります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ガタ

タイ・バンコク在住の36歳。 学生時代から東南アジアを放浪して、2006年からバンコクに移住。ごく普通のおっさんが家事と子育てをそこそこしつつタイの生活を楽しむために日々試行錯誤しています。 趣味は旅行と写真。タイポートFCのファンです。 FBやTWなどで気軽に絡んでください。