知られざるオマーンを巡る Part4 スール編

知られざるオマーンを巡る Part1 マスカット編

2016.09.19

知られざるオマーンを巡る Part2 ニズワ編

2016.10.12

知られざるオマーンを巡る Part3 ワヒバ砂漠編

2016.10.13

スール
オマーン北東部にあるオマーン湾に面する港湾都市である。マスカットからは南東に150kmの地点にある。スールは歴史的に船乗りの間で重要な目的地として知られていた。現代でも海はスールにおいて重要な存在で在り続けている。
引用:Wiki

sur1
スールで宿泊するホテルは海に面していた。 チェックインが終わるとフラフラと海辺へと出かける。

 

sur2
パシャパシャと写真を撮っていると「君はフィリピン人か?」と声をかけられた。「日本人だ」と答えると「お茶でも飲んでいかない?」と誘われ10分ほどお茶会に参加した。

 

sur3
平日だったが夕暮れの浜辺は家族連れが多く賑わっていた。

 

sur4
日が暮れてやってきたところはラス・アル・ジンツというウミガメの産卵保護区。 オマーンでは1年を通してウミガメの産卵を見ることができるがここにこればほぼ確実に産卵が見られる。

ラス・アル・ジンツ

 

sur5
月明かりもなく本当に何も見えない真っ暗の中を約10分突き進んでいくと浜辺に到着。 さらにしばらく進んでいくとウミガメが産卵している!!

 

sur6
正面から光を当ててしまうとウミガメは驚いて産卵をやめてしまうというので、背後から照らしながら産卵の様子を見守った。

 

sur7
しばらく見ていると別の場所から孵化して砂浜に出てきた子供を発見。 必死で海を目指してるのかと思ったが懐中電灯の明かりに向かってくる。 もしかして月と間違えたのかな?

 

sur22
ウミガメの産卵は結構広いスペースで行われる。 テレビで何度も見たことあるが実際に見てみるとまったく違った感動がそこにあった。

 

sur23
宿泊をする場合、夜と朝方の2回ウミガメを見に行くチャンスがあるみたい。 これは旅行会社の人からもらった写真だがウミガメの数がめちゃめちゃすごい!!!

 

最終日 伝統あるダウ造船所の街スール そして帰国

sur8
ホテルをチェックアウトしてスール中心地へど移動する。 海に面した街なので風が気持ちいい。

 

sur9
この街の見所はなんといってもダウ造船所。 湾や河口に造船所がある。

 

sur10
中に入っていくと二艚同時に作っていた。 片方はまだ骨組みだけだったが、もう一艘はもう直ぐ完成といったところ。

 

sur11
僕の造船所の職人は全員インドやパキスタンから来た出稼ぎ労働者だった。 1年ほど時間をかけて船を造っていくようだ。 ちなみに一艘の値段は約3000万円ほどらしい。

 

sur12
伝統的な作り方で釘は一切使われない。 船の全長15〜20mほどある。

 

sur13
海側から見た造船所。 もっとしっかりとした倉庫で造っていると思ったがそんなことはなかった。 これはオマーン独特の気候で1年を通して雨が降らないからかもしれない。

 

sur14
別室ではダウ船の模型を作る職人もいる。 ホテルや会社などで飾るのだろうか。

 

sur15
スールを後にしてマスカットへ戻る途中、ガイドのサイードさんの実家がある村へと寄ることになった。

 

sur16
枯れた川を一気にジープで上がっていくと小さな村に到着。

 

sur17
ガイドブックに載っていない小さな村。 オイルが出て潤う前の暮らしが垣間見れる。  アラビアンコーヒーとデーツをいただき車はマスカットへと戻っていく。

 

sur18
アラビア海沿いを車で走る事約2時間でマスカットに到着。 到着後はオマーンで唯一の日本食屋「東京太呂」で食事。

 

sur19
ランチは本格的な日本食だった。 本格的な日本食が食べられるのとお酒が飲めるので夜は駐在日本人で混み合いそう。

 

sur20
食事が終わってドリンクスタンドへ行こうと思ったがこの日の気温はなんと43度。 休憩していたホテルを出発して200mで引き返しホテルで引きこもり。 夕方最後のお土産を買いにマトラスークへと出かけた。 最後の時間は残ったお金を使うべく適当におみやげ物を買いあさって時間を潰した。

 

sur21
そして空港へと移動。 長いようで短かった7日間のオマーン旅行は静かに終わった。

まとめ&感想

初めての中東ということで色々な怖さがあったが実際に見てきたオマーンについては中東のイメージを吹っ飛ばすくらい人がよかった。 写真についてはイスラム圏ということもあり撮られるのを嫌う人も多かったが若い男性の人たちは気さくに応じてくれる機会も多かった。

2016年の終わりには新ターミナルが開港しさらに観光に力を入れることになると思う。 これから10年で一気に変わるオマーンを「今」見れて本当によかったと思う。
色々な縁にシュクラン。

2016年5月30日〜31日

 

保存

保存

この記事が気に入ったら
いいね!

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
シェアをしていただけるとモチベーションが上がります!

2 件のコメント

  • 5月にエディハド航空に乗る目的で中東に行きます。せっかくなので、どこか1、2泊を未訪問国で過ごそうと思い、オマーンを検索しておりますた。このブログを拝見して、ファンになってしまいました。写真も素敵、情報もしっかり。。何よりお人柄が感じられて。。。
    ついで訪問からしっかり旅行をしたくなってしまいました。
    この旅行のコーディネート会社は一般人の対応もされますか?私もお願いしたいです。金額にもよるのですが、もしよろしければご紹介いただけないでしょうか?

    • NAOKOさま
      コメントをいただきましてありがとうございます。 しばらくドタバタとしておりブログへのアクセスができていませんでした。 申し訳ございません。

      オマーンという国ですがなかなか洗礼されたアラブを感じることができるよい国でした。 
      現在、急激に観光化が進んでいるので今行くのと10年後に行くのとでは、
      全然感覚が異なると思うのでなるべく早めに行かれた方が良いかもしれないと個人的に思っております。

      さて、今回のコーディネート会社ですが現地のNTT(National Travel & Tourism)という政府系の会社になります。
      個人旅行の対応が可能かどうかはわかりませんが一度連絡を取ってみても良いかもしれません。

      National Travel & Tourism
      WEB http://nttoman.com
      Mail tours@nttoman.com

      担当者、ガイドも含め英語のみになりますのでご注意ください。

      良い旅を!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    ガタ

    タイ・バンコク在住の36歳。 学生時代から東南アジアを放浪して、2006年からバンコクに移住。ごく普通のおっさんが家事と子育てをそこそこしつつタイの生活を楽しむために日々試行錯誤しています。 趣味は旅行と写真。タイポートFCのファンです。 FBやTWなどで気軽に絡んでください。