すぐわかる! バンコクでバングラデシュツーリストビザの申請方法

この度、バンコクエアウェイズの旅ブロガーに見事選ばれました。 さっそくどっか行こうと考えていたら珍しい地名が出てきました。そう「ダッカ」です。 バングラデシュの首都ダッカへのフライトがあるようなのでこの機会に行ってみることにしました。

「バンコクエアウェイズ旅ブロガー」2017に選ばれました!

2017.02.25

 

とりあえず地球の歩き方バングラデシュを購入し読んでみると「日本人はビザが必要」と書いてあったのでバンコクにあるバングラデシュ大使館へレッツゴー!

 

バンコクのバングラデシュ大使館の場所


バングラデシュ大使館の場所はエカマイ通りの一番奥、エカマイ・ソイ30にあります。

 


エカマイ・ソイ30を入りしばらく行った右側にそれっぽい建物があるのですぐわかると思います。 センセープ運河も近いのでボートに乗ってくるのも意外とオススメの立地。

 

バングラデシュツーリストビザの申請に必要なもの


大使館内に貼ってあった紙には下記のように記されています。

・パスポート(有効期限が6ヶ月以上、余白が3ページ以上あること)
・パスポートコピー (メインページとタイのビザページ 1枚ずつ)
・申請書類(大使館にあり)
・雇用書もしくはバングラディッシュからの招聘状
・ホテルの予約書
・銀行口座の証明書
・ワークパーミット
・ワークパーミットのコピー 1枚
・証明写真 45mm x 35mm 2枚

とありますが日本人は下記のもので良いそうです。

バングラデシュビザ申請必要書類

・パスポート
・パスポートコピー (メインページとタイのビザページ 1枚ずつ)
・申請書類(大使館にあり)
・ホテルの予約書
・イーチケット
・ワークパーミット
・ワークパーミットのコピー1枚
・銀行通帳のコピー(メインページと貯金残高 1枚ずつ)
・証明写真 45mm x 35mm 2枚

中には学生の方や主婦の方もいるのでその方はワークパーミットの代わりに下記を用意してください。

■ワークパーミットを持っていない方

・タイのビザページのコピー
・英文レター
英文形式はこちらを参考。 内容は自身の紹介と滞在日数、どこに住んでいて何をしているのか、また何をしにバングラディッシュへ行くのかなどです。

■注意

申請はタイ在住者のみ可能で、旅行者はビザの取得ができません。
以前は申請できたようですが体制が変わり厳しくなったようです

ちなみに申請費用は無料です。

 


申請は月曜日〜木曜日の9時半〜12時まで、受け取りは15時半〜16時半。
取得までに5営業日必要になります。

 

ダッカのシャージャラル国際空港でアライバルビザを取得する

入国審査前にアライバルビザ取得の窓口があり、日本人は無料で簡単な申請用紙に記入しパスポートを合わせて提出すれば取得できますが、ビザ情報は変わりやすく取得できないことを考えるとバンコクでとって置いた方が良さそうですね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
シェアをしていただけるとモチベーションが上がります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ガタ

タイ・バンコク在住の36歳。 学生時代から東南アジアを放浪して、2006年からバンコクに移住。ごく普通のおっさんが家事と子育てをそこそこしつつタイの生活を楽しむために日々試行錯誤しています。 趣味は旅行と写真。タイポートFCのファンです。 FBやTWなどで気軽に絡んでください。